再婚同士の男女の離婚。

妻は借りていた住まいなどをすべて片付けてわずかな貯金だけを持って再婚した。結婚後1年少しで,お互いの生活パターンの違いから行き違いが生じ,罵りあう大喧嘩となる。

 

夫側が弁護士を代理人として調停申立て。調停の席上,妻は今後の生活をすべて補償してくれと述べて2000万円の慰謝料を要求。夫側は拒否して調停不成立。

 

夫側は離婚訴訟を提起。

 

訴訟提起後,当事務所が妻から相談を受け受任。妻と話し合い,自立して生活していけるまでの資金を確保しようという方針になる。

 

離婚の条件として300万円の解決金を求める。

 

夫は,裁判所が判決を出すと,同居していたこともあって結論がどうなるかわからないと思ったのか,300万円を支払うことに同意。和解離婚成立。

離婚・男女相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談してください TEL:048-764-8321

メールでの相談予約